離婚を決意したあなたに贈る!離婚に欠かせない手続き&知識の法庫サイト
解決!離婚マニュアルtop
Top離婚の基礎知識協議離婚調停・裁判離婚Q&A
更新日:2017.5.2

HP「解決!離婚マニュアル」を閲覧される方へ…

民法第752条の規定にあるように、夫婦には同居義務がありますが、もとは赤の他人であった者同士の男女が結婚により一つ屋根の下で暮らすようになると、当然、様々な問題に直面することでしょう。

夫婦とは、婚姻生活中に起こる数多くの問題を乗り越えることで、互いにより絆を深めながら成長していくものですが、時としてその問題は、かつて円満だった夫婦関係にヒビを入れ、修復できないほど破綻してしまうようなケースも少なくありません。
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

【民法 第752条 同居、協力及び扶助の義務】
ちなみに、厚生労働省の調べによると、平成27度における離婚件数は、22万6,215組となっています。

データ上では、平成14年度(戦後最多)をピークに、年々減少傾向(H21年、H27年は微増)にあるようですが、これは2分に1組のカップルが離婚している計算となります。
離婚件数の推移
H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
289,836 283,854 270,804 261,917 257,475 254,832 251,136 253,353 251,378 235,719 235,406 231,383 222,107 226,215
離婚件数の推移グラフ
社会環境の変化に伴い、女性の社会進出や離婚によるバツイチが珍しくなくなった現在、今後も、依然、高推移での離婚率が予想されます。

離婚イメージしかし、離婚が珍しくなくなったとは言え、そう滅多に経験することはない離婚においては、何をどう進めていったらよいのか分からず、想いだけが募り、一歩も前に進めず路頭に迷っている方も少なからずいるはずです。

そこで、当サイトでは、離婚に関する法知識や手続きの仕方など、人には聞けない離婚に関するノウハウについて、初心者にも分かりやすく、かつ、必要な知識がかいつまめるよう、できるだけコンパクトにまとめました。

当サイトは、離婚を奨励するサイトではありませんが、離婚によって人生の新たなスタートを切りたいと切に願っている方の一助になれば幸いです。
新着記事
不貞行為の慰謝料|判例から見た慰謝料の金額(2017.5.2UP)

養育費の相場と計算方法|年収350~500万円のケース(2017.4.3 再更新)
知りたい情報のカテゴリーをクリック!クリック
離婚の基礎知識 協議離婚 調停離婚と裁判離婚 Q&A

注意事項

『解決!離婚マニュアル』(以下、当サイト)内に掲載されている内容については、誤りのないよう細心の注意を払っていますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。

当サイトの掲載内容に準じ、ご利用された方に何らかのトラブルや不利益・損害等が生じた場合、当管理人は一切責任を負いかねますので、自己責任でお願い致します。

連絡先アドレスまた、当サイトはリンクフリーです。

事前(あるいは事後)通知は全く必要ありませんので、ご自由にリンクして下さって一向に構いません。

当サイト内における誤字・脱字、誤った記載等を発見した方は、遠慮なく右記連絡先(管理人:Tomo)までどうぞ。(画像をクリックすると、メールソフトが起動します)

※ 画像をクリックしても起動しない場合は、画像上のmailアドレスをご利用ください。

当サイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。

当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。

① 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。

② 本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。

ご挨拶③ 掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。


スマートフォン版