解決!離婚マニュアル:離婚に欠かせない手続き&知識の法庫サイト
離婚の悩み相談4
Top離婚の基礎知識協議離婚調停・裁判離婚Q&A

離婚と戸籍

離婚の悩み相談
離婚すると戸籍にも動きがあると聞いたことがありますが、いったい何がどう変わるのでしょうか?また、離婚後の子供の戸籍についても教えてください。
戸籍の筆頭者であれば、離婚をしても戸籍に何ら変動はありませんが、婚姻の際、相手方配偶者の氏に改めた者は離婚によって戸籍に変動が生じます。

つまり、離婚によって夫婦は別々の戸籍になるということです。

よって、もし、あなたが婚姻届を行った際、「夫の氏」を選んでいた場合には、離婚によって婚姻中の戸籍から除かれるため、婚姻前の戸籍に入籍(いわゆる旧姓に戻る)するか、あるいは新戸籍を編成する必要が出てきます。

婚姻の際、氏を改めた者が離婚後にできる戸籍と姓の関係については、以下の3つの選択肢が考えられますので参考にしてください。
旧姓に戻る 婚姻中の姓をそのまま使う
元の戸籍に戻る 新戸籍を編成する
選択肢A

特に問題がなければ、原則として、結婚前の戸籍に戻ります(復籍)。つまり、親の戸籍に戻るということです。ただし、両親が既に亡くなっているなどの理由によって除籍されている場合には新しい戸籍を作らなくてはならないので、旧姓に戻りたい方は選択肢Bを選ぶことになります。
選択肢B

復籍せずとも、旧姓で自分を筆頭者とした新戸籍を作ることも可能です。離婚届を行う際に新戸籍を編成する申出を忘れてしまうと、復籍の手続きが取られてしまうため、離婚届出用紙の「婚姻前の氏に戻る者の本籍」欄にある「新しい戸籍をつくる」のチェック欄を忘れずに記入し、併せて新戸籍の記入漏れがないよう本籍を正しく記載してください。
選択肢C

離婚後も、婚姻中の姓をそのまま使用しいたい場合は、離婚日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を届出を忘れずに行ってください。というのも、届出期間を過ぎた後の氏の変更には家庭裁判所の許可が必要になってくるため、必ずしも変更が認められるとは限らないからです。期限内に申出を行った者は、自分を筆頭者とした新戸籍を編成することが出来ます。
ちなみに、結婚中の姓を使いながら親の戸籍に戻る(復籍)ことはできません。

次に離婚後の子供の姓や戸籍についてですが、両親の離婚によって変わることはありません。

よって、夫を筆頭者とする妻が、子供を自分の戸籍に入籍させたい場合には、「子の氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に行います。

※ 子供を母親の戸籍に入れるには、復籍せずに母親が新戸籍を作る必要が出てきます。

家庭裁判所の許可が得られたならば、市区町村役場に入籍届とともに提出し、受理されると子供は母親と同じ戸籍に入り、同じ姓を名乗ることができます。

※「子の氏の変更許可申立」と「入籍届」の申立て手続きについては、子供が15歳未満であれば親権者が届け人となって行い、子供が15歳以上であれば子供自身が自主的に届け出ることが可能です。