解決!離婚マニュアル:離婚に欠かせない手続き&知識の法庫サイト
離婚原因の悩み相談3
Top離婚の基礎知識協議離婚調停・裁判離婚Q&A

ギャンブル依存症と離婚

離婚の悩み相談
ギャンブル依存症の夫と離婚することはできますか?
民法第752条には、次のような規定があります。
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない
夫婦は、たとえ一切れのパンでも分かち合い、同じ水準の生活をするのが当然であるとするのが民法の考えです。

ギャンブルイメージ夫のギャンブル自体が、直ちに離婚原因になることはありませんが、生活費を全く入れず、競馬にのめり込んでいるといったような状態が長期にわたって続いているとなると、さすがに問題です。

妻が専業主婦や家事の合間に働く僅かなパート収入しかなく、稼ぎ頭である夫が生活費を入れないとなると、民法にある、この扶助義務違反に当たると解され〝婚姻を継続し難い重大な事由〟として離婚請求が認められる場合もあるでしょう。

また、ギャンブルに限らず、扶助義務違反を理由に離婚請求を認めたケースは、過去の判例をみても少なくありません。
離婚請求を認めた判例
生活費を渡さず、妻と子を放置し家を出た夫が、たまに家に返って来ては小遣いをせびるような行為を繰り返していたケース…
失業中である夫に、親戚の者が働き口の世話をするが耳をかさず、妻子には暴言・悪態をつき、生活費を入れようとしなかったケース…
しかし、中にはこんな判例もあります。

サラ金に手を出した夫の借金に苦しむ妻が離婚請求をしたケースでは、「夫の借金問題以外には、婚姻生活を維持していく上で支障となる事情はなく、妻も協力して働き、夫の借金返済に充てることで夫婦の生活維持は可能である」として、離婚請求を認めませんでした。




嫁姑問題と離婚

離婚の悩み相談
夫の両親と同居していますが、いつも些細なことで姑とケンカをしてしまい、最近は家庭内の雰囲気も悪くなっています。場合によっては離婚も考えていますが可能でしょうか?
たとえ相思相愛の仲であっても、当事者だけの問題では済まないのが結婚生活です。

近年、核家族化が主流になったとはいえ、配偶者の両親と同居している方は少なくありません。

特に嫁姑問題は今に始まったものではなく、昔から続く悩みの種とも言えるでしょう。

さて、義理の母との対立や不和が原因で円満であった夫婦関係が悪化した場合、親族との折り合いが悪いことを理由に離婚できるかどうかが今回の焦点になっていますが、結論から言ってしまうとケース・バイ・ケースのようです。

家族との同居が当たり前として考えられていた戦前の旧民法下においては、「配偶者ノ直系尊属ヨリ虐待又ハ重大ナル侮辱ヲ受ケタルトキ【旧民法813条より】」というように、配偶者の直系尊属からの虐待や侮辱は離婚原因として明確に規定されていました。

現行法にはそのような規定はありませんが、配偶者の親族との不和により夫婦関係が破綻した場合には〝婚姻を継続し難い重大な事由〟として離婚が認められることもあります。

ただし、過去の判例を振り返ってみると、配偶者の親族との対立や不和があれば、直ちに離婚が認められるかというと、そうではないようです。

赤の他人であった者同士が、ひとつ屋根の下で暮らすようになれば、生活環境が一変することもあり、人生観・価値観の違いから口ゲンカのひとつやふたつはあるものです。

嫁姑問題イメージそこで、親族との対立や不和を原因とする離婚請求では、その不仲を解消するための努力をしたかどうかが大きなポイントになってきます。

例えば、夫が嫁と姑との対立を知っていながら放任し、修復や調整に努めるどころか、むしろ自分の両親の側に立って妻を罵倒したり暴力を振るったケースでは、夫婦関係が完全に破綻しているとは言えないとして、夫からの離婚請求は認めませんでした。

しかし、逆にこのケースで妻が離婚請求をした場合には、離婚が認容される可能性が高いといえます。

また、義理の父が妻に対して、度々不倫な行動に出るにもかかわらず、夫がそれを静止できなかったケースでは妻の離婚請求を認めています。

今回のケースのように、姑とのケンカが絶えず家庭内の雰囲気が悪化しているようであっても、夫が積極的に調整に努めれば修復可能であると判断されると離婚請求は難しいのかもしれません。