本文へスキップ

一問一答:離婚原因編

離婚原因Q&A(7)entrance

Q12:民法には悪意の遺棄≠ェ、離婚理由のひとつとして定められていますが、この悪意の遺棄≠ニは何ですか?

協議や調停によって話し合いがつかず、離婚が成立しなければ、後は裁判所に判断を委ねるしかありません。

そして、離婚の有無を法廷で争うとなると、夫婦どちらか一方の意思が納得のいかない結果を受け入れなければならい判決が下されることになります。

離婚をしたくないのに離婚すべきとの判決が出ると、相手の意思に反して、強制的に婚姻関係が解消されてしまうため、民法では、5つの離婚事由を定める【770条】ことによって、一定の歯止めをかけています。

その離婚事由のひとつに配偶者から悪意で遺棄されたとき≠ニいう規定がありますが、これは法律的な言い回しなので、いまいち意味が良く分からないといった方も多いようです。

そこで、分かりやすく説明しましょう。

まず、法律上、良く使われる善意∞悪意≠ノついてですが、これは、良い人・悪い人を指すものではありません。

善意≠ニは、ある事実を知らないことを意味し、一方、悪意≠ニはその逆で、ある事実を知っていることを意味します。

次に遺棄≠ノついてですが、別の言葉に置き換えると放っておく≠ニいう意味になるため、離婚事由のひとつである悪意の遺棄≠ニは、そうなることを知っていながら放っておく≠ニいうことになります。

悪意の遺棄に該当するケースは、主に下記のような行為が考えられます。

ただし、たとえ夫婦が別居していても、仕事の都合による単身赴任や、病気治療によるもの、あるいは夫婦関係を見直すために、しばらく互いに距離を置くことにしたといったような場合の別居は、悪意の遺棄に当たりません。(別居期間中、生活費を渡さないなどの理由があれば別ですが…)
悪意の遺棄に該当するケース

チェック 生活費を渡さず、ギャンブルに明け暮れる
チェック 家に帰らず、愛人の家に入り浸っている
チェック 家に入れてくれない
チェック 理由もなく他にアパートを借りて暮らしている
チェック 働けない理由がないにもかかわらず、全く働かず収入がない